社会保険労務士が実際に行っている仕事内容

就業規則作成と社会保険労務士

社会保険労務士の仕事は、大きく分けて、人事労務管理・年金相談・労働社会保険手続きの代行の3つです。

人事労務管理は、就業規則作成及び変更、労働時間や休日などの労働条件、賃金制度、人事関係、個別労働関係紛争の未然防止と解決、安全衛生管理、福利厚生などの問題を解決し、労働者がいきいきと働ける職場環境作りを支援するものです。労働条件の改善は、労働者のさらなる活力を生み出すため、企業の発展につながります。

年金相談は、年金の加入期間や受給資格等の説明、年金の請求に必要な書類を依頼者に代わって作成、年金をもらうために必要な手続きの手伝い、行政機関への請求書の提出などを行います。

労働社会保険手続きの代行は、労働社会保険の手続き、労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届、各種助成金の申請、給与計算・労働者名簿・賃金台帳の調製などを行います。これらの業務は非常に複雑で手間がかかるため、企業には大きな負担となります。

そこで、専門知識を持った社会保険労務士がこれらの業務を行い、企業の負担を減らします。

普及が進む、企業によるマーケティングリサーチ

企業のマーケティングリサーチ

マーケティングリサーチとは、企業が商品やサービスの開発等にあたり、消費者の意見を収集し分析するために行われる各種調査を指します。

マーケティングリサーチの種類には、インターネットを通じて行われるアンケートから、対象者を一か所に集めて行われるグループインタビュー、対象者宅に調査員を出向かせて行う訪問調査などがあります。

このようなリサーチによって、企業は商品やサービスを実際に販売する前に、顧客の予想される反応を知り、それを商品等に反映させることが可能になります。

これは、企業にとっては売上増加という好ましい結果をもたらすことが多く、通常は企業がマーケティングを担うリサーチ会社に報酬を支払いリサーチを依頼しています。

また、消費者の立場からすれば、不要なサービスや商品の高級化などを事前に知らせることで、商品価格にこれらのコストが転嫁されることを間接的に防いでいることになります。

マーケティングリサーチは、企業と一般消費者の接点と言えますが、その特徴は、クレームや消費者による購入するか否かの決定といった、商品やサービスを実際に介してからの接点ではなく、事前の接点である点に特徴があります。

牛乳販売店で扱う商品種別

 

牛乳販売店にて取り扱っている商品を見ると、牛乳や成分調整牛乳、加工乳、乳飲料といった様々な商品を見ることができます。
これらにはどういった違いがあるのでしょうか。

 

牛乳は、乳牛から絞った生乳を加熱殺菌しただけで、水や他の原材料を混ぜていないものです。
乳脂肪分や無脂乳固形分について規程があります。
現在は種類別における「牛乳」だけが、商品名に「牛乳」と表示できることとなっています。

 

加工乳は、生乳もしくは脱脂粉乳などをベースに、乳成分や乳脂肪分などを増減させたものです。
低脂肪乳や濃厚タイプミルクがここに含まれます。

 

乳飲料は、生乳や乳製品をベースに、乳製品以外のカルシウムや鉄分などの栄養素、コーヒーや果汁などを加えたものです。

 

牛乳販売店からは、これら様々な商品をお客様にお届けいたしております。
商品のことで「これはなんだろう?」といった疑問がありましたら、お客様へお届けしております牛乳販売店へお気軽にお問い合わせください。

 

接骨院の開業支援も兼ねたホームページ制作

あらゆるジャンルの業種において、ホームページ制作は避けて通れないのではないかと思ってしまえるほどに、インターネット上には様々なホームページが存在するものです。

特に専門性の高いジャンルや業種のホームページは、ユーザーの側からも興味深いものではないでしょうか。

一昔前であれば、接骨院をインターネット上のホームページで探すことは少なかったはずです。それが今となっては、接骨院というキーワードを入れて検索をすれば、かなりの数の接骨院のホームページがヒットします。

ホームページ制作会社にしても、接骨院に特化したものまであります。その中でも興味深いのは、これから新規に接骨院を開業する方や、すでに開業している接骨院に対して、
開業支援やコンサルティングを行うのと同時にホームページ制作を請け負う会社があることです。

接骨院のノウハウの蓄積があるコンサルティング会社にホームページ制作を委託することでメリットも倍増するのではないでしょうか。