社会保険労務士が実際に行っている仕事内容

就業規則作成と社会保険労務士

社会保険労務士の仕事は、大きく分けて、人事労務管理・年金相談・労働社会保険手続きの代行の3つです。

人事労務管理は、就業規則作成及び変更、労働時間や休日などの労働条件、賃金制度、人事関係、個別労働関係紛争の未然防止と解決、安全衛生管理、福利厚生などの問題を解決し、労働者がいきいきと働ける職場環境作りを支援するものです。労働条件の改善は、労働者のさらなる活力を生み出すため、企業の発展につながります。

年金相談は、年金の加入期間や受給資格等の説明、年金の請求に必要な書類を依頼者に代わって作成、年金をもらうために必要な手続きの手伝い、行政機関への請求書の提出などを行います。

労働社会保険手続きの代行は、労働社会保険の手続き、労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届、各種助成金の申請、給与計算・労働者名簿・賃金台帳の調製などを行います。これらの業務は非常に複雑で手間がかかるため、企業には大きな負担となります。

そこで、専門知識を持った社会保険労務士がこれらの業務を行い、企業の負担を減らします。